小児皮膚科
WEB予約
  • 一般皮膚科
  • 小児皮膚科
  • スキンケア/自費診療

きよはら皮ふ科クリニック
〒658-0083  神戸市東灘区魚崎中町3丁目5-4-2F
一般皮膚科、小児皮膚科、スキンケア

スタッフ募集

赤ちゃん子供の肌は、大人に比べてとてもデリケートで、ちょっとしたことで湿疹ができたり、細菌やウイルスに感染しやすい特徴をもっています。

症状や経過も個人差が大きく、急に悪くなったりしますので、早めの受診をおすすめいたします。

またアレルギーを予防するためにも、小さな頃からのスキンケアが重要です。スキンケアの方法はもちろんのこと、使用する石鹸や保湿剤、日焼け止めなどについてのアドバイスもさせて頂きますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

以下のような、子供によくみられる様々な疾患について診療しております。

  • 乳児湿疹
  • おむつかぶれ
  • アトピー性皮膚炎
  • 乾燥肌
  • とびひ
  • みずいぼ
  • ウイルス性いぼ
  • 虫刺され
  • じんましん
  • 頭じらみ
  • あせも
当院での治療について

子供にとって病院(医師や看護師、白い服の人!)は、怖い、痛いといったマイナスイメージですよね。それを少しでも減らし、次も行きたい、頑張って治したい、と言って頂けるようなクリニックにしていきたいと考えております。一緒に治療していきましょう!



一緒に治療していきましょう!

アトピー性皮膚炎
お子さま自身が主体になって治療を進められないので、ご両親にも病気について正しく理解して頂き、一緒にお子さまの肌を良い状態にキープしていきましょう。

治療の詳細はこちらから

アトピー性皮膚炎と食物アレルギーについて

アトピー性皮膚炎を放置していると、皮膚から食物アレルゲンが侵入して食物アレルギーを発症することが知られています。

アトピー性皮膚炎の治療をすることはとても大切ですが、不要な食事制限をする必要はありません。きちんとした食事制限が必要な場合は、負荷試験などができる専門機関を紹介させて頂きますので、ご相談ください。


とびひ(伝染性膿痂疹)

ごく軽い場合はぬり薬で治りますが、通常は抗菌薬の飲み薬を使用します。

・幼稚園(保育園)行っていいの?
・プールは?
・お風呂は?
・消毒するの?
・ガーゼあてるの?

などといったよくある質問にお答えして、生活指導もしていきます。


みずいぼ(伝染性軟属腫)

みずいぼを直接触ったり、タオルなどを介してうつります。乾燥肌やアトピー性皮膚炎のようなバリア機能の低下があると、広がりやすい傾向があります。

半年から2年程度で自然治癒しますので、症状や生活上の都合をふまえて治療について総合的に判断していきます。数がどんどん増えてきたり、見た目やほかの子ども達にうつしてしまう問題もあり、数の少ないうちに治療した方がよいと感じることも多いです。

当院では、ピンセットでみずいぼを摘み取り、早期の治癒を目指すことが可能です。痛みを軽減するために、局所麻酔テープを使用しております。麻酔効果が表れるまでに時間がかかりますので、後日あらためて治療となることがありますが、ご了承ください。


ウイルス性いぼ(尋常性疣贅)

怖い、痛いなどで、どうしても液体窒素による治療を続けることができない場合は、治療期間は長くなってしまいますが、他の治療法も検討していきますので、ご相談ください。

治療の詳細はこちらから




神戸市東灘区の皮膚科医院 きよはら皮ふ科クリニックは、さまざまな肌のトラブルに対応いたします。魚崎小学校からすぐの通いやすい医院です

Copyright © KIYOHARA Dermatology Clinic All Right Reserved.